グループホーム 専門スタッフのケアで、自立した生活を支援

家庭的な雰囲気の中での共同生活

グループホームは共同で生活を送ることで、利用者の方の自立した生活を支援します。認知症の進行をゆるやかにし、ご家族の介護負担を軽減することで、利用者・ご家族それぞれの生活の質(QOL)向上を期待できます。

グループホームの効果
安全性の確保自立した生活の支援家族の介護負担軽減

グループホームとは

認知症状態の高齢者の方に対するサービスです。
専門スタッフのサポートを受けならが、5?9人程度の集団生活を営むことで、症状の進行を遅らせ、心身機能の低下を防ぐことが目的です。利用者の方が可能な限り自立した日常生活を送ることができるようご支援いたします。
また、外出やレクリエーション、季節ごとのイベントを通して、生活に変化を演出しています。

 福祉の街  グループホームの特徴

家庭的で落ち着いた雰囲気の生活空間 高い専門知識をもったスタッフ陣 季節のイベントや外出行事で変化のある生活を

 福祉の街  グループホームの内容

利用者の方が可能な限り自立した生活を送れるよう支援・援助いたします。

日常生活の援助・支援

  • 専門スタッフによる調理
  • ご利用者様とスタッフと共同で盛りつけ、配膳などをする事も
  • 入浴・排せつ介助
  • 居室の清掃・洗濯支援

レクリエーション

  • 買い物や昼食、喫茶、野外活動、散歩などの外出
  • 地域の行事への参加、小学校との交流、季節の行事
  • 敷地内の農園・菜園で、野菜・花の栽培が可能
  • おやつ作り、団らん、歌、体操、趣味(折り紙・書道・編み物・絵画など)
  • 誕生日会・お花見・夏祭り・敬老会・クリスマスなどのイベント

面会・宿泊・自宅への外泊

  • 自由にしていただけます。
-