仕事内容

1.訪問入浴サービススタッフ

訪問入浴サービススタッフ

寝たきりやお身体に障害があるなどの理由で、ご家族の介助による入浴が困難な方のご自宅を、ナース、オペレーター、ケアエイドの3人1組でご訪問。室内に簡易浴槽を設置して、入浴のお手伝いをする仕事です。1日の訪問件数は6~7軒です(1軒当たりのサービス時間は40分程度)

ナース(健康チェック担当)

入浴介助業務全般に加えて、サービス前後のバイタルチェック及び入浴可否の判断を担当。訪問入浴スタッフの中の唯一の看護職として、事前調査(アセスメント)や訪問看護師との意見交換や連絡調整も担当します。

オペレーター(運転担当)

入浴介助業務全般に加えて、入浴車両をスケジュールに従って運転します。湯量や温度調整といった入浴車両の機械操作も担当します。

ケアエイド(介護担当)

入浴介助業務全般に加えて、訪問入浴に必要な細かい備品管理を担当します。

コラム   お客様の笑顔にやりがいを感じて親子で訪問入浴

千場栄子(訪問入浴ナース)/千場由貴(訪問入浴ケアエイド)

訪問入浴ナースとして福祉の街で働き始めた頃は、介護保険制度がまだスタートしていませんでした。病院とは異なる訪問入浴車で1件1件をまわる仕事に最初は戸惑いをおぼえましたが、お客様の笑顔や「ありがとう」の言葉にそれまでに感じたことのないやりがいを得て、今日まで充実した勤務を続けています。そんな私を見て育った為か、娘が介護の仕事を希望したので上司に相談した所、「千場さんの娘さんであれば、大歓迎だよ。」と笑顔で応えてもらえたことは、私の仕事ぶりを評価していただいてのことと、喜びを感じました。親子で同じ職場で働けることにうれしさを感じていますが、あらためてこのように取り上げられると気恥ずかしさを感じます。これからもお客様と笑顔を交わし合いながら、親子そろって働いていきたいと思います。

2.訪問介護サービススタッフ(ホームヘルパー)

2.訪問介護サービススタッフ(ホームヘルパー)

介護が必要な方のご自宅を訪問して、食事介助や清拭、体位変換、排泄介助などの身体介護や、買い物、清掃、調理などの生活支援を行います。 ライフスタイルに合わせた、曜日や時間を限定した勤務についても、相談に応じます。

コラム   結婚・出産を経て、介護への取り組みがより真摯に

橋本景子(訪問介護サービス提供責任者)

高校を卒業後、福祉の街で働き始め、訪問入浴ケアエイド、訪問介護ホームヘルパーを経て、現在、訪問介護サービス提供責任者として勤務しています。その間、結婚・出産を経験したのですが、産休明けの復職時にはなかなか保育園が見つからず、予定より随分遅れてしまいましたし、復職後も子供の体調不良などで急なお休みをいただくこともありましたが、上司、同僚の理解、協力を得ながら、順調に勤務を続けることが出来ています。新卒の頃は毎日無我夢中でしたが、結婚・出産を経て、家族や職場の仲間の有難さを深く感じられるようになり、「YOU ISM」の理解が深まり、より真摯にお客様と向かい合えるようになりました。これからも周囲の力添えを得ながら、サービス提供責任者の職務を全うしたいと思います。

3.デイサービススタッフ

デイサービススタッフ

デイサービスを利用されるお客様の食事介助、入浴介助などの介助業務全般に加え、レクリエーションの企画・実施、車の運転を含むお客様の送迎、各種帳票、書類作成などの事務業務などを担当します。
レクリエーションの企画・実施は各施設のスタッフの自由裁量に任せていることが、福祉の街の特徴です。各施設とも地域特性を生かしたユニークなプログラムを実施し、よい企画であれば経験年数の浅いスタッフの意見が採用されることも珍しくない、やりがいと達成感のある仕事です。

コラム   専門職として、事業所とともに成長~キャリアアップ~

齋藤明日香(デイサービス主任)

介護に関する資格を持たないまま福祉の街に就職し、訪問入浴ケアエイドとして働きながらホームヘルパー2級の資格を取得しました。その後、事業拡大の一環として、所属営業所でデイサービスを新たに開業することとなり、その立ち上げメンバーに選ばれました。介護の専門職であるケアエイドとしてのキャリアを評価してもらえたことにうれしさを感じると共に、デイサービスという未経験の事業所立ち上げという大業に期待と不安をおぼえました。開業後、皆で協力して食事、入浴等の介護サービスを充実し、レクリエーションを企画・運営して盛り上げ、事業所として成長を続けています。個人としても専門職としてのキャリアアップに努め、国家資格である「介護福祉士」を取得しました。これからも専門職として、事業所とともに成長していきたいと思います。