メッセージ 住み慣れた地域で安心・快適な暮らしを

安心して住み慣れた地域・我が家で暮らし続けられる社会の実現を

代表取締役会長 安藤 幸男 株式会社 福祉の街
取締役会長
安藤 幸男
埼玉県在宅福祉事業者連絡協議会
会長

福祉の街は、創業(1980年、昭和55年)以来、介護が必要になっても、住み慣れた"地域"、住み慣れた"我が家"での生活が継続できるよう支援することを目的に経営して参りました。

昭和50年代、高齢者福祉施設経営に関わっていた私は、特別養護老人ホームでは週2回利用できる入浴が、在宅では1年も2年も入浴できない人が大勢いる等、施設と在宅のサービス格差を痛感し、在宅でもさっぱりした生活の支援ができないものかと、株式会社福祉の街を創業しました。

しかしながら、当時は「福祉で商売するとは何事だ」「福祉を食い物にするのか」と、冷やかな対応を受け、相手にしてもらえないような時代でした。

公的なサービスでもコストはかかるものであり、同じコストでも効率性を高め、創意・工夫を重ね、良質なサービスをより多くの人にお届けできることを実際をもって示し、全国に仲間を増やし、民間介護事業の啓蒙・発展に努めて参りました。

これからも初心を忘れず、「安心して住み慣れた地域・我が家で暮らし続けられる社会」の実現に貢献して参りたいと存じます。

様々な地域社会の問題を解決し、貢献する「ソーシャルビジネス」を目指して

代表取締役社長 平尾 雅司 株式会社 福祉の街
代表取締役社長
平尾 雅司

この度は株式会社福祉の街の事業内容につきまして、ご関心を賜り誠にありがとうございます。

私ども事業の使命は、「高齢者・障害者の方々が、住み慣れた地域で安心・快適に生活できるよう、必要なサービスを安全・衛生的にお届けし、お客様に喜び・感動・生き甲斐を持っていただく」ことにあります。
特に、私どもが活動基盤としている埼玉県は、高齢化のスピードが日本で一番早く、高齢化への対応といった課題を抱えております。

2000年に介護保険制度がスタートし、多くの民間事業者が参入いたしましたが、その後数多くの事業者が撤退そして参入を繰り返しています。私どもは、1980年の創業来、制度や市場の環境がどうあろうと、一貫して経営理念「YOU ISM」に基づき、事業に取り組んで参りました。
これからも介護事業を軸としながら、福祉やまちづくりなど、様々な地域社会の問題を解決し、貢献する「ソーシャルビジネス」を目指し、真摯に事業に取り組んでいく所存です。ご意見等ございましたら、何なりと頂ければ幸いでございます。

略儀ではございますが、ご挨拶かたがたご案内申し上げます。